藍染のお祭り衣装(腹掛・股引・鯉口シャツ)の失敗しない洗い方を伝授

藍染め 祭り用品 洗い方

 

初心者さん
藍染のお祭り衣装の洗い方について教えてください。
塾長
藍染の腹掛や股引、鯉口シャツには洗い方に注意事項がたくさんあります。洗濯に失敗すると生地が変色したり、生地がボロボロになったりします。正しい洗い方を解説しますね。

 

藍染のお祭り用品はお祭りに参加する人にとって憧れの商品です。腹掛や股引に使用されている藍染生地は購入したばかりのころは黒い色素が残っているため黒っぽく見えます。年数をかけて洗っていくうちに、だんだん黒の色素が抜けていき藍(あい)本来の風合いがでてきます。

藍染め 祭り用品 洗い方

早く薄い色の藍染の風合いにしたくて、新品の状態から何度も何度も洗濯したり、洗剤や漂白剤を入れたりする人がいますが、間違えた洗濯方法は藍染の腹掛・股引・鯉口シャツを痛めるだけでなく、藍が化学変化を起こし、変な色の落ち方(紫色っぽくなってします)をしてしまいます。

このページでは藍染の腹掛(はらがけ)・股引(ももひき)・鯉口シャツ(肉襦袢)の正しい洗い方を解説しています。藍染の法被や半纏は洗い方が異なりますので、別ページで解説しています。

藍染の法被・半纏の正しい洗い方

2018.03.21

 

藍染の祭り用品の洗い方を動画で解説

 

藍染お祭り用品の正しい洗い方

購入したばかりの藍染の腹掛・股引・鯉口シャツはちょっと触っただけでも、手や体、下着が真っ青になってしまいます。ご利用前に必ず洗濯することをオススメします。洗濯は必ず下記の手順で行うようにしてくださいね。

着る前に必ず一度洗濯してください!

洗濯機に藍染製品のみを入れる

藍染め 祭り用品 洗い方

 

必ず守って欲しいコト
絶対に他の衣類(特に白い色の衣類)を一緒に入れないでください。全て真っ青に染まってしまいます。

藍染め 祭り衣装 洗い方

 

洗剤は入れずに「洗い→すずぎ」を2回やる

藍染め 祭り用品 洗い方
必ず守って欲しいコト

  • 絶対に洗剤や漂白剤は入れないでください。
  • 真水(お湯やお風呂の残り湯はダメ!)を利用してください。
  • お酢は洗濯機が壊れるので入れないでください。

 

かるく「脱水」をしたあと陰干しする

藍染め 祭り用品 洗い方

 

藍の色落ちが気になる人は、洗いとすすぎをあと2~3回くりかえしてください。あまり洗いすぎると生地が傷んでボロボロになってしまうので、購入直後の洗いすぎにはご注意ください。どんなに洗っても1~2年は肌や衣類に藍が付きますのでご注意ください。時間とともに藍の染料が生地になじんでいきます。

 

藍染め 祭り用品 洗い方

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。