法被(半纏)の正しいたたみ方

法被 たたみ方

 

初心者さん
法被ってどうやって畳んだらいいですか?
塾長
翌年のお祭りでも法被を気持ちよく着られるようにするために、法被のお手入れは大切です!法被の正しいたたみ方について解説しますね。

 

楽しいお祭りが終わった後に必ずやらないといけないのが、後片付けです。面倒くさいだけでなく、そもそもお祭り衣装をどうやって仕舞ったらいいのか分からず、困っている人も多いと思います。

このページでは、法被と半纏の正しいたたみ方について解説させていただきます。

 

法被 たたみ方

 

法被のたたみ方を動画で解説

写真と文章で説明するのも難しいので、まずは動画で正しい法被のたたみ方をご覧ください。

 

法被・半纏のたたみ方

写真と文章でも法被の正しいたたみ方を解説させていただきます。

 

(1)法被を平らな場所に置きます。

法被の襟(えり)の方が上になるようにして置いてください。

法被のたたみ方

 

(2)法被の身巾がちょうど三等分になる位置を決めます。

横幅の広い法被の場合は、引き出しなどの保管場所のサイズに合わせて位置を調整してください。

法被のたたみ方

 

(3)三等分になる位置で、まず法被の左側を上方向に折ります。

法被のたたみ方

 

(4)左の袖(そで)を折りたたみます。

法被のたたみ方

 

(5)右側も同様に三等分になる位置で折ってあげます。

法被のたたみ方

 

(6)右の袖(そで)を折りたたみます。

法被のたたみ方

 

(7)法被の丈方向に折りたたみます。

【総丈の短い法被の場合】

二等分になるように半分に折りたたみます。

法被のたたみ方 法被のたたみ方 法被のたたみ方

 

【総丈の長い法被・半纏の場合】

三等分になるように2回折ります。保管場所(引き出しなど)のサイズにあわせて、裾(すそ)を折るときに長さを調整してください。

法被のたたみ方 法被のたたみ方 法被のたたみ方 法被のたたみ方 法被のたたみ方
たたむ時の注意事項

襟(えり)が裾(すそ)から出てしまわないように注意して折りたたんでください。襟(えり)が出てしまっていると、引き出しにしまった時に襟(えり)がクシャクシャになってしまいます。

法被 たたみ方 注意点

翌年のお祭りで着ようと思って、取り出してみると、襟(えり)に変なシワが付いてしまっていることもありますのでご注意ください。

法被 たたみ方 注意点

 

(8)畳み終わったら、日のあたらない場所に保管してください。

法被や袢纏は染め物が多いです。染め物は太陽や蛍光灯の光(紫外線)によって、すぐに色落ちしたり、変色したりしてしまいます!!必ず、タンスの引き出しやクローゼットの中など、暗い場所にしまうようにしてください。

法被のたたみ方

 

 

関連する記事

股引(パッチ・ももひき・またびき)の正しいたたみ方

2018.02.25

腹掛(はらがけ・寸胴・どんぶり)の正しいたたみ方

2018.02.25

 

法被のご注文方法について

祭り用品専門店の「祭すみたや」は既製品の法被はもちろん、町内法被や神輿会の半纏などオーダーメイド法被の製作も可能です。本染めや藍染め、プリント、刺繍、インクジェット染色などいろいろな制作方法で法被や半纏を1枚から別誂えいたします。ご相談はお気軽に。

オーダーメイド 法被

 

法被 たたみ方

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。