信号ラッパの音色比較

信号ラッパ 凧ラッパ
初心者さん
浜松祭りで使う信号ラッパは管が3巻きのと2巻きのがあるけど、何が違うの???
塾長
信号ラッパには管が3周巻いてある「3連タイプ」と2周巻いてある「2連タイプ」の2種類があります。管の長さが違うので、同じように吹いても音程が異なります。どんな風に違うのか動画付きで解説していきますね。

信号ラッパの種類の違い

毎年5月3日~5日に静岡県浜松市で開催される「浜松まつり」で使用されるのが、信号ラッパです。

信号ラッパ 浜松祭り

ラッパ隊と言われる人たちが信号ラッパで「激練り」と呼ばれる曲を演奏しながら、大凧を揚げたり、練りをしたりします。

信号ラッパとは?
信号ラッパは別名、凧ラッパや進軍ラッパ、ビューグル・軍隊ラッパ、号音ラッパと呼ばれ、軍隊でよく使用されるラッパです。構造はとてもシンプルで音階を変える装置等はついておらず、唇の形を変えることで音階を変化させ演奏します。

この信号ラッパには、

3連タイプ

2連タイプ

の2種類があります。

 

信号ラッパ 3連タイプ

信号ラッパ 3連

丸く巻かれている管の部分が3周巻いてあります。

「三巻(みつまき)タイプ」とも呼ばれます。

 

信号ラッパ 2連タイプ

信号ラッパ 2連

丸く巻かれている管の部分が2周巻いてあります。

「二巻(ふたつまき)タイプ」とも呼ばれます。

 

信号ラッパの音色の違い

3連と2連は管の全体の長さが異なるので、同じように吹いても音の高さが異なります。

3連は管が長いので、2連より低い音がでます。

2連は管が短いので、甲高い音がでます。

 

吹きやすいのは管が短い2連タイプです。

 

音色の違いを動画で解説

音色の違いを動画で解説しておりますのでぜひご覧くださいね。

 

浜松まつりで使用する時の注意事項

浜松まつりで信号ラッパを使用する時の大切な注意事項です!!

たとえば町内やグループで「3連タイプ」で統一している場合、「2連タイプ」の信号ラッパを混ぜてしまうと、2連タイプだけ音が高くなってしまうので、不協和音が生まれてしまいます。

聴いていて非常に気持ちの悪い音になってしまいます。

町内やグループでどちからのタイプに統一されている場合は、かならず同じタイプの信号ラッパをご購入ください!!

信号ラッパは「混ぜるな危険」というルールがあるのでご注意を。

どちらのタイプを購入していいのか分からない人は、同じ町内の友達や町内会の役員さんに必ず確認してくださいね。

 

信号ラッパの購入方法について

信号ラッパは静岡県浜松市にあります祭り用品専門店「祭すみたや」で販売しております。

祭すみたやでは3連と2連、両方とも取り扱っています。カラーは金色と銀色の2色です。

ネットショップでも販売しています。

信号ラッパ 祭すみたや

 

信号ラッパのお手入れ方法(凧喇叭・進軍喇叭・ビューグルの洗い方)

2018.02.23
信号ラッパ 凧ラッパ

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。