摺鉦(すりがね)サイズ別の音色比較

摺り鉦 音色比較

 

初心者さん
お囃子で使う摺鉦(すりがね)ってどんな音がするの?
おしんちゃん
摺鉦(すりがね)はサイズによって音が異なります。サイズ別の音の比較を動画で解説してみましたよ~。

 

お囃子や和太鼓の演奏で使われる和楽器の摺鉦のサイズ別による音の比較をしてみました。摺鉦の読み方は「すりがね」です。この記事ではサイズ別の摺鉦の音色について動画で分かりやすく解説しています。

摺鉦

 

摺鉦とは?
お囃子で使われる打楽器の摺鉦(すりがね)。別名を当り鉦(あたりがね)やコンチキ、チャンチキとも呼ばれます。「しゅもく」と呼ばれるバチのような棒で叩いて音を出します。手で持って使ったり、紐で吊り下げて使います。

 

摺鉦の音色を動画で確認

摺鉦の音色について動画で解説しています。実際にどのような音が出るのか動画でご確認ください。動画で音を比較していただいて、あなたのお祭りにピッタリの摺鉦を選んでください。

 

摺鉦のサイズ別の解説

40号(4寸)サイズ

摺り鉦

40号サイズは小ぶりなので、お子様や女性にオススメです。小さいので音があまり響かず、カンカンした感じの音になります。

 

45号(4寸5分)サイズ

摺り鉦

こちらも小ぶりなので、お子様や女性の方にオススメです。40号の摺鉦よりも若干音は低くなります。

 

50号(5寸)サイズ

摺り鉦

このあたりのサイズから大きく、重量も出てきますので、 成人男性にオススメです。音もほどよく響くようになりますので、オススメのサイズです。

 

55号(5寸5分)サイズ

摺り鉦

かなり重くなってきますので、お子様や女性が使う場合には、ヒモで吊るした方がいいかもしれません。成人男性が使う場合は、ギリギリ手で持って使えるサイズです。ちょっと中途半端なサイズですが、音は一番キレイです。

 

60号(6寸)サイズ

あたりがね

このサイズになりますと、手で持って使うのは大変なので、ヒモで吊るしてご利用ください。キレイに音が響いて、余韻が美しいです。

 

70号(7寸)サイズ

当たり鉦

このサイズは完全に吊るして使うサイズになります。そのため最初から摺り鉦に紐が付いております。祭り用品専門店「祭すみたや」で取り扱いのある一番大きなサイズの摺り鉦です。

 

撞木(しゅもく)について

摺鉦は摺鉦本体だけでは音を出すことができません。必ず撞木と呼ばれるバチのような道具も必要になります。撞木の読み方は「しゅもく」です。本来は鹿の角を加工した道具ですが、最近ではリーズナブルなプラスチック製の撞木もあります。

しゅもく

 

鹿の角でできている撞木にはサイズが小・中・大とあります。40号~50号といった小ぶりのサイズの摺鉦でしたら、撞木は小サイズで大丈夫です。55号~70号の大きなサイズの摺鉦の場合、小サイズの撞木ですと音がちゃんと出ないので、中または大サイズの撞木を使用するのがおすすめです。

 

摺鉦の購入方法

店舗で購入

お祭りや和太鼓の演奏で使用する摺鉦は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。お店なら摺鉦の試奏をすることができます。また実際に触って、重さや大きさが確認できます。ぜひご来店ください。

祭すみたや 助信駅前店

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話:053-489-3398
メール:info@sumitaya.co.jp

※ 遠州鉄道 助信駅から徒歩1分
※ 大駐車場完備

 

ネット通販で購入

摺鉦は祭すみたやのネットショップでも購入することができます。祭すみたやのお店に行くことができない人でも、自宅やスマホから簡単に摺鉦を購入することができます。日本全国だけでなく、世界各国に摺鉦の配送が可能ですのでぜひご利用くださいね。

祭すみたや ネット通販

 

 


レンタル祭り衣装はじめました

お祭り衣装って年に1回しか使わないから購入するのはもったいない。特に子供はすぐに大きくなってすぐにサイズが合わなくなってしまいます。そこで、レンタル祭り衣装をはじめました。3泊4日からお得な価格でレンタルできます。


ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

本名、中川晋介(なかがわしんすけ)。
株式会社祭すみたや代表取締役。
お祭り用品アドバイザー。

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長です。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、2010年からはじめたYouTubeチャンネルの「祭すみたやチャンネル」を通じてお祭り初心者の人たちにお祭り用品に関するノウハウ動画を提供しています。

2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。自らも一年中、全国のお祭りに参加する根っからの祭り好きです。最近では海外で開催されるお祭りにも参加。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。