ダボシャツ・鯉口シャツ(肉襦袢)の正しいたたみ方

鯉口シャツのたたみ方

 

初心者さん
鯉口シャツのたたみ方を教えてください。
塾長
翌年のお祭りでも鯉口シャツを気持ちよく着られるようにするために、鯉口シャツのお手入れは大切です!鯉口シャツの正しいたたみ方について解説します。

 

お祭りで着るシャツといえば、ダボシャツ鯉口シャツ(肉襦袢とも呼ばれます)です。翌年のお祭りで引き出しから取り出した時にすぐに着られるように、綺麗にたたむ方法について解説します。

鯉口シャツ ダボシャツ たたみ方

鯉口シャツとダボシャツは、ほぼ同じ形なので、たたみ方は一緒です。このページでは「鯉口シャツ」を使って解説していきます。

鯉口シャツ ダボシャツ 違い

 

鯉口シャツのたたみ方を動画で解説

写真と文章だけで説明するのは難しいので、まずは動画解説をご覧ください。

 

鯉口シャツの正しいたたみ方

 

(1)鯉口シャツを平らな所に置きます。ボタン側を上にして置いてください。

鯉口シャツやダボシャツは洋服と違って、置いたときにボタンが重なるようにはできていません。なので、シワを防止するためにボタンを留めないでください。

鯉口シャツのたたみ方

 

(2)首元から5cmくらいの場所(画像の赤い線)を上に折ります。

 

(3)袖(そで)を折り返します。

鯉口シャツのたたみ方

 

(4)横から袖(そで)が出ないように、さらに袖を折り返します。

鯉口シャツのたたみ方 鯉口シャツのたたみ方

 

(5)反対側も同様に、襟元から5cmくらいの場所(画像の赤い線)で上側に折ります。

 

(6)袖(そで)を折りたたみます。

鯉口シャツのたたみ方 鯉口シャツのたたみ方 鯉口シャツのたたみ方

 

(7)最後に真ん中で半分に折ります。

鯉口シャツのたたみ方 鯉口シャツのたたみ方

 

(8)完成です。

鯉口シャツのたたみ方

 

鯉口シャツの保管方法

畳んだ後は、必ず暗いところに保管してください!

鯉口シャツは染め物の商品が多いです。染め物は太陽や蛍光灯の光(紫外線)にひじょ~~~に弱いので、日の当たるところに置いておくと、すぐに変色したり、脱色したりしてしまいます。

必ずタンスの引き出しやクローゼットの中で保管してくださいね。

 

 

鯉口シャツのたたみ方

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。