【上級テクニック講座】紺・藍染の腹掛・股引に合わせるカラーコーディネート

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

初心者さん
紺色の腹掛と股引を着ると、どうしても地味なコーディネートになってしまいます。ほかの人と差をつけるためのポイントはありますか?
おしんちゃん
ほかの人と差をつけるためのお祭り衣装カラーコーディネートの上級テクニックを伝授しますね!紺色や藍染の腹掛や股引を着るときのカラーコーディネートをご紹介します。

 

お祭り衣装の定番カラーである紺色藍染の腹掛と股引を着る時のカラーコーディネートのやり方について解説します。お祭り衣装はシンプルな色が多いので、どうしても地味になりがちです。ほかの人と差をつけるための上級テクニックをご紹介します。どんな色のお祭り用品を身に着ければ、より粋におしゃれに見えるのか解説しています。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

 

カラーコーディネートを動画で解説

紺色や藍染の腹掛や股引を着るときのカラーコーディネート方法について動画で分かりやすく解説しています。まずは動画をご覧くださいね。

 

鯉口シャツのコーディネート

紺色や藍染の腹掛と股引を着る時に合わせる鯉口シャツですが、基本的にはどんな柄や色のものでも似合います。伝統的な江戸小紋柄も似合いますし、花柄のかわいい感じの鯉口シャツもよく似合います。色も白系の薄い色も似合いますし、紺系の濃い色も似あいます。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染
お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

もし鯉口シャツの柄選びに迷っているようでしたら、鯉口シャツは江戸小紋柄をおすすめします。紺色や藍染の腹掛や股引は伝統的な印象があるので、鯉口シャツも伝統的な柄を合わせると見た目が引き締まります。

 

 

濃い色の法被のコーディネート

紺色や藍染の腹掛と股引の上に紺色などの濃い色の法被や内半纏を着る場合のカラーコーディネートについて解説します。町会や神輿会の法被は濃紺色のものが多いので、よく見かける組み合わせになります。よく見かけるコーディネートだからこそ、上級者テクニックを使って他の人と差をつけてください。

下の写真は法被が濃い色の場合のカラーコーディネート事例です。

 

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染
お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

お祭り衣装の上級カラーコーディネートのポイントはお祭り小物の色を合わせることです。特に下記の3つの祭り用品の色を合わせると見た目がぐっと引き締まります。

  • 雪駄
  • 血止め

どんな点に注意すればいいのか、さらに詳しく解説していきますね。

 

帯の色

紺色や藍染の腹掛と股引を着ているときに濃紺色の町会や神輿会の法被を着るときは、帯は白色やベージュ色の薄い色がおすすめです。町会や神輿会の法被がグッと引き締まって見えるので、見た目がとっても格好良くなります。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

 

雪駄の色

雪駄の色を帯の色と合わせると全体のバランスが良くなります。お祭りの初心者さんだと白い鼻緒の普通の雪駄を選んでしまいがちですが、お祭り上級者を目指すなら雪駄にもこだわってください。今回のコーディネート例ではベージュ色の帯を選んだので、ベージュ色が入った鼻緒の雪駄を合わせてみました。すべてベージュ色の単色の鼻緒ではなく、ベースの色がベージュ色でちょっと柄が入っているくらいがお洒落です。

岡足袋は股引と同じ色のものを選ぶようにしてください。紺色の股引でしたら、紺色の岡足袋を履いてください。藍染の股引でしたら、藍染の岡足袋を履きます。岡足袋まで帯の色に合わせてしまうとカラーバランスが崩れるので注意してください。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

 

血止めの色

法被と雪駄の色や柄を合わせるだけでも上級者コーディネートですが、さらに上の上級コーディネートを目指したいなら血止めというお祭り用品アイテムを取り入れることをおすすめします。血止めはヒザの下に巻く飾りです。この血止めの色を帯や雪駄の色に合わせると、地味になりがちな足元が華やかになります。血止めの色を法被や雪駄の色と変えてしまうと、ちぐはぐな印象になってしまうので注意しましょう。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

 

薄い色の法被のコーディネート

紺色や藍染の腹掛と股引の上に白色やグレーなどの薄い色の法被や内半纏を着る場合のカラーコーディネートについて解説します。町会や神輿会の法被が白色の場合はこちらのコーディネートを参考にしてください。下の写真は法被が薄い色の場合のカラーコーディネート事例です。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

薄い色の法被を着るときは、下記の3つの祭り用品の色にこだわると見た目がぐっと引き締まります。

  • 雪駄
  • 血止め

今回は女性向けのかわいい感じのコーディネート事例をご紹介します。

 

帯の色

紺色や藍染の腹掛と股引を着ているときに白色やベージュ色といった薄い色の法被を着ると、法被だけが浮いて見えてしまいます。そこで、帯はなるべく濃い色のものを合わせると見た目がしっくりきます。女性ならエンジ色や濃いピンク色がおすすめです。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

 

雪駄の色

雪駄の色を帯の色と合わせると全体のバランスが良くなります。雪駄の全体が帯の色と同じものを選んでもいいのですが、雪駄の一部に帯と同系色の色を使うというテクニックもあります。帯の色を濃いピンク色にした場合、鼻緒の一部に帯と同じ系統の色を使った雪駄を選んだ例です。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

血止めの色

紺色や藍染の股引だけだと地味なので、血止めを使って足元を華やかにコーディネートしてください。基本は帯と雪駄と色味を合わせることです。すべて同じ色の血止めを使ってもいいですし、血止めの一部に帯や雪駄と同じ色が使われているものを選んでも大丈夫です。

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

 

 

コーディネートのリーフレット

お祭り上級者を目指す人向けのカラーコーディネートのアドバイスリーフレットを制作しました。無料でPDF版のリーフレットをダウンロードできますので、ぜひご利用くださいね。お店にお祭り用品を買いに行くときの参考にしてください。

お祭り用品 コーディネート リーフレット

お祭り用品 コーディネート リーフレット

 

お祭り用品を購入する方法

店舗で購入

この記事で紹介したお祭り用品は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。お祭り衣装のカラーコーディネートに悩んだら、お店のスタッフに相談してください。アドバイスさせていただきます。ご来店の際は、お祭りに参加する時に着る法被をご持参いただくと、より具体的にカラーコーディネートにアドバイスをさせていただきます。

祭すみたや 助信駅前店

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話:053-489-3398
メール:info@sumitaya.co.jp

※ 遠州鉄道 助信駅から徒歩1分
※ 大駐車場完備

 

ネット通販で購入

お祭り用品は祭すみたやのネットショップでも購入することができます。祭すみたやのお店に行くことができない人でも、自宅やスマホから簡単にお祭り用品を購入することができます。日本全国だけでなく、世界各国に配送が可能ですのでぜひご利用くださいね。

祭すみたや ネットショップ

 

関連する記事

このページの記事の他にもお祭り衣装のコーディネートに関する記事がたくさんあります。ぜひご覧ください。

お祭り衣装 カラーコーディネート 白

【上級テクニック講座】白の腹掛・股引に合わせるカラーコーディネート

2021年1月13日
カラー

お祭り衣装のカラーコーディネート基本テクニック

2020年11月1日
お祭り衣装 カラーコーディネート 黒

【上級テクニック講座】黒の腹掛・股引に合わせるカラーコーディネート

2020年10月31日
祭りコーデ 男 粋

祭りコーディネート写真集 男性編

2018年2月24日
祭り コーディネート 女子

祭りコーディネート写真集 女性編

2018年2月23日
祭りコーディネート 子供

祭りコーディネート写真集 子供編

2018年2月23日

 

お祭り衣装 カラーコーディネート 紺 藍染

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。