股引を粋に履くための着こなし術!ダボダボに履くのはダサいですよ!!

股引き 履きこなし 綺麗に履く

ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。

 

初心者さん
股引を試着した時はちょうどいいサイズだったのに、家で着てみたらダボダボでサイズが合いません。
おしんちゃん
股引を試着する時はお店の人がちゃんと履かせてくれるので、ピチピチでかっこよく着こなしていますが、自分で履くと間違えた方法で着てしまうためサイズが合っていないと勘違いしてしまう人が多いです。粋に着こなすためのポイントを解説しますね。

 

祭り衣装の定番アイテムといえば股引です。股引の読み方は「ももひき」や「またびき」です。地方によって読み方が異なります。

初めてお祭りに参加する人にとってh、股引は着るのが難しいお祭り衣装の一つです。

 

実際、股引を初めて購入されたお客様からよくこんなお問い合わせがあります。

  • 試着した時はピッタリだったのに、家で履いてみたらダボダボ!
  • ネット通販でサイズ表をちゃんと見て買ったのに、全然サイズが合わない!
股引 着こなし術

 

このようなクレームを言ってくる人の股引を履いている姿を見させてもらうと、ほとんど全ての人が股引の履き方を間違えてしまっています。

というわけで、この記事では股引を綺麗に履きこなすためのポイントについて解説します。

 

この記事では、股引をより粋に着こなすためのアドバイスをしています。もっと基本的な「股引の履き方」については別の記事で詳しく解説しています。ぜひ関連記事をご覧ください。

股引の履き方

股引の正しい履き方

2018年2月20日

 

股引の粋な着こなし術を動画で解説

股引を粋に着こなすためのポイントを動画で詳しく解説しています。まずは動画をご覧ください。

 

股引が正しく履けていない人の特徴

「股引のサイズが合わない!」と困っている人が実際に股引を履いている姿を見てみると、下の写真のような状態になっています。

股引き 履きこなし 綺麗に履く 悪い例

 

ダサい!

格好悪い!

股引はサルエルパンツではありませんので、ダボダボに着ているのは正しい着方ではありません。

 

股引を普段履いているズボンと同じ感覚で履いてしまうと、見た目が非常にダサくなってしまいます。

股引を正しく履けていない人のダサい特徴は3つあります。

  • 長い
  • 太い
  • デカイ

 

なぜお祭り初心者さんが股引を履くとこんな事になってしまうのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

ダサい特徴1:長い

股引き 履きこなし 綺麗に履く 悪い例

 

股引のすそが長くて、かかとに引っかかっちゃています。

正しいサイズの股引を購入したはずのになぜ!?

 

ダサい特徴2:太い

股引き 履きこなし 綺麗に履く 悪い例

 

股引はピチピチに履くのがカッコいいのに、太ももの部分がなぜか太くてブカブカになっています。

正しいサイズの股引を購入したはずなのになぜ!?

 

ダサい特徴3:デカイ

股引き 履きこなし 綺麗に履く 悪い例

 

お尻部分の生地はブカブカで、隙間からパンツが見えてしまっている人もいます。

正しいサイズの股引を購入したはずなのになぜ!?

 

まさかっ、不良品を売りつけられたのでは!?

違います!

股引の履き方が間違っているんですっ!!

 

股引を綺麗に履きこなすポイント

それでは、股引を綺麗に粋で格好よく着こなすためのポイントを解説していきます。

 

まず、股引が正しく履けている状態をご紹介します。

ちなみに、格好悪く履いていた時に使った股引と全く同じものを使用しています。

 

下の写真が綺麗に股引を履きこなしている状態です。

股引き 祭り衣装 粋 着こなし

正しく履いたところ(前)

股引き 祭り衣装 粋 着こなし

正しく履いたところ(後ろ)

 

同じサイズの股引かと目を疑うほど粋に履きこなせています。

股引を綺麗に着こなすポイントは4つあります。

 

着こなしポイント1:すそはくるぶし丈

股引き 祭り衣装 粋 着こなし

 

股引は普通のズボンよりちょっと短めに履くのが粋でかっこいいです。

股引のすそは、くるぶしあたりにくるのが正解です。

 

着こなしポイント2:ふくらはぎ部分を合わせる

股引き 祭り衣装 粋 着こなし

 

股引のふくらはぎ部分はちょっと太めにふくらんでいます。

このふくらんでいる部分を、ちゃんとふくらはぎの一番太い部分に合わせている状態が正解です。

 

着こなしポイント3:太もも部分はピチピチに

股引き 祭り衣装 粋 着こなし

 

ふくらはぎ部分を正しい位置に合わせると、自然と太ももの位置も合います。

すると、太もも部分をピチピチにすることができます。

 

着こなしポイント4:股とお尻はダボダボしない

股(また)の部分の生地はダボつかないように、ぴったりと股(また)に付けます。

股引き 祭り衣装 粋 着こなし

 

お尻部分の生地も一切ダボつきがないようにピッタリとお尻につけます。

股引き 祭り衣装 粋 着こなし

 

股間、お尻まわりの生地はダボついていないのが正解です。

 

股引を粋に着こなすための履き方

それでは最後に、綺麗に粋に着こなすための股引の正しい履き方について解説します。

すそはくるぶし丈で、太ももがピチピチで、股間とお尻がすっぽり包まれるようになる履き方を解説していきます。

 

この記事では綺麗に履きこなすためのポイントのみを解説しています。そもそもの股引の基本的な履き方については、下記の関連記事をご覧ください。

股引の履き方

股引の正しい履き方

2018年2月20日

 

【1】股引の上部がおへその下あたりまでくるようにグイグイ上に引っ張ってください。綺麗に着こなすためのポイントは、とにかく上にひっぱることです。股間が痛いくらい生地を股間に食い込ませてください。

股引き 粋 着こなし 履き方

 

【2】お尻部分も、生地がダボつかないように、とにかく上に引っ張りながら履きます。体と生地の間になるべく隙間が空かないように、お尻に食い込むくらい上に引っ張ってください。左右の生地ともにグイグイ上に引っ張ります。

股引き 粋 着こなし 履き方

 

【3】腰ひもをさらにグイグイ引っ張って、股間にさらに生地を食い込ませます。

股引き 粋 着こなし 履き方

 

すると。

まあ、なんということでしょう~!

太もも部分、ふくらはき部分、すそ部分の位置が自然と合うではないですか!!

 

股引のサイズが合っていないと、格好悪くて、お祭りに参加しているときに恥ずかしい思いをしていまいます。

この記事を参考にしていただいて、周りの人に一目置かれるくらい、粋にかっこよく股引を履きこなしてくださいね!

 

股引を売っているお店

店舗で購入

お祭りで使用する股引は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。種類やサイズを豊富に取り揃えています。店舗でしたら、実際に試着してぴったりのサイズの股引を選ぶことができます。股引の選び方や着方が分からない方には祭すみたやのスタッフが分かりやすく説明させていただきます。

祭すみたや 助信駅前店

 

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話 053-489-3398
メール info@sumitaya.co.jp

 

ネット通販で購入

股引は祭すみたやのネットショップでも購入することができます。近所にお祭り用品店が無い方や忙しくてお店に行くことができない方は、ぜひ祭すみたやのネットショップをご利用ください。日本全国はもちろん、世界中に股引を配送可能です。

祭すみたや ネット通販

 

 

 


レンタル祭り衣装はじめました

お祭り衣装って年に1回しか使わないから購入するのはもったいない。特に子供はすぐに大きくなってすぐにサイズが合わなくなってしまいます。そこで、レンタル祭り衣装をはじめました。5泊6日からお得な価格でレンタルできます。ご利用後は洗濯する必要はありませんので気軽にレンタルできます。


ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。