腹掛(はらがけ)の正しい着方

腹掛 着方

 

初心者さん
お祭り衣装の「腹掛」の着方を教えてください。
塾長
お祭り衣装の中でも特に着方が難しいのが「腹掛」です。正しい着方を解説しますね。

 

もともと江戸時代の大工さんが使っていた前掛けがルーツになっているお祭り衣装が腹掛です。「はらがけ」と読みます。地域によっては「どんぶり」や「ずんどう」とも呼ばれています。

祭り衣装 腹掛 着方

粋な腹掛の着こなしは下の鯉口シャツが見えないように首まわりをピタっとさせること。首がしまるくらい詰まっているのが粋な着方です。肩ヒモが裏返しになっているととってもカッコ悪いのでちゃんと直しましょう。

 

腹掛の着方を動画で解説

 

腹掛の正しい着方

【1】頭を入れるために左右の肩紐を交差させ円形をつくります。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【2】円形部分に頭を通します。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【3】右腕を肩ヒモに通します。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【4】右腕を通したら、今度は左腕も肩ヒモに通します。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【5】両腕が通ったら、肩ヒモが後ろにひっくりかえっていないか確認します。ひっくり返っていたら直してください。後ろは見えにくいので、家族やお友達にひっくり返っていないか見てもらいましょう。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【6】左右の腰ヒモを持ちます。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【7】背中のところで腰ヒモを交差させ、腰ヒモをおなかの方へもっていきます。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【8】前掛け部分をめくり上げ、腰ヒモをおへその前で蝶々結びにします。

祭り衣装 腹掛 着方

 

【9】めくり上げていた前掛け部分を元に戻して完成です。

祭り衣装 腹掛 着方

 

前から見た完成形

祭り衣装 腹掛 着方

後ろから見た完成形

祭り衣装 腹掛 着方

 

お祭り参加がはじめての人にとっては腹掛を着るのも難しいですけど、脱ぎ方もよく分からないと思います。実は着るより脱ぐ方が難しいのが腹掛です。こちらのページで腹掛の脱ぎ方も解説しておりますので合わせてご覧くださいね。

腹掛(はらがけ)の正しい脱ぎ方

2018.03.27

 

腹掛を購入する方法

腹掛は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。ネット通販なら日本全国に腹掛をお届けいたします。祭すみたやオリジナルのストレッチ生地の腹掛が人気商品です。ぜひご利用くださいね。

腹掛 購入 ネット通販

 

腹掛 着方

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。