股引(パッチ・ももひき・またびき)の正しいたたみ方

股引き たたみ方

 

初心者さん
股引ってどうやって畳めばいいんでしょうか?
塾長
股引は普段履くズボンと違ってお尻部分が引っ付いていないので、たたみ方がさっぱり分からないですよね。このページでは股引の正しいたたみ方について解説していきます。

 

楽しかったお祭りが終わった後、やらないといけないのがお祭り衣装のお手入れです。洗うものがたくさんあって面倒くさいのですが、来年のお祭りですぐに使えるようにキレイに保管しておきたいですよね。

股引 たたみ方

というわけで、こちらのページでは股引の正しいたたみ方をご紹介します。シワを付きにくくするためのテクニックについても解説します。

 

股引のたたみ方を動画で解説

股引のたたみ方について動画で解説してみましたので、まずはご覧ください。百聞は一見にしかず!!

 

股引を畳む手順

普通から履いている洋服のズボンと違って、お尻部分が分かれているので、どうやって畳んだらいいのか分からない方も多いかと思います。股引の正しいたたみ方について写真でも解説していきます。股引を畳む時の参考にしてください。

畳む前には必ず股引を洗濯してくださいね。洗濯のやり方はこちらの記事をご覧ください。

お祭り衣装の洗濯のやり方(洗濯機を使った洗い方)

2018.02.25

 

(1)お尻側が上になるようにして、平らなところに股引を置いてください。

股引のたたみ方

 

(2)股引を半分に折って、左右の脚が重なるようにします。

股引のたたみ方

 

(3)三角形になっている部分(お尻の部分)を内側に折ります。

股引のたたみ方

 

(4)腰ひもを股引の上に置きます。

股引のたたみ方

 

(5)ここからが股引を畳む時のポイントです!!普通に折りたたむのではなくて、足首側の裾の方から、腰の方に向かって、クルクルと股引を巻いていきます。

股引のたたみ方 股引のたたみ方 股引のたたみ方

 

(6)クルクル巻いた状態で、タンスやクローゼットの引き出しに保管してください。

股引のたたみ方

 

股引を畳む時のポイント

ポイントは、クルクル巻くことです!!

股引 たたみ方 祭り 衣装

クルクル巻いて保管しておくと、股引に折りジワが付きにくくなります。

お祭り衣装って、年に1回しか着ない方が大半だと思います。1年間も保管しておくと、普通のたたみ方では折りジワが付いてしまったり、折り目の部分が変色してしまうことがあるので、このクルクル巻くたたみ方をおすすめいたします。

 

股引の購入方法について

股引(パッチ・またびき・ももひき・猿股)は祭り用品専門店の「祭すみたや」でご購入いただけます。ネットショップなら日本全国はもちろん、世界中に股引をお届けします。

股引き 購入 ネット

 

股引き たたみ方

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。