失敗しない!初めての地下足袋の選び方

初めての地下足袋選び

ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。

 

初心者さん
初めてお祭りに参加することになったので、地下足袋を買いたいのですが、何を選んだらいいのか分かりません。
おしんちゃん
地下足袋を初めて買うなら、おすすめする商品は一択です。お祭り初心者さんにおすすめの地下足袋を紹介しますね。

 

お祭りに参加する時に履く定番の履物といえば地下足袋です。地下足袋の読み方は「じかたび」です。

初めての地下足袋選び

 

初めてお祭りに参加することになったので、地下足袋を購入したい。でも、世の中には何百種類もの地下足袋が販売されているので、どの地下足袋を選んだらいいのかさっぱり分からない。そんなお祭り初心者さんがたくさんいます。

そこで、お祭り初心者さんにおすすめの地下足袋を紹介します。この地下足袋を買っておけば間違いない!というお祭りの超ド定番の地下足袋です。

この記事を最後まで読んでいただければ、失敗しない地下足袋の選び方が分かります。

 

ちなみに、地下足袋の履き方については別の記事で詳しく解説しています。地下足袋はすでに持っているけど、履き方が分からない場合は、ぜひ関連記事をご覧ください。

地下足袋の履き方

地下足袋の正しい履き方(コハゼを簡単に留める方法)

2018年4月13日

 

初めての地下足袋の選び方を動画で解説

初めて買う地下足袋は何がおすすめなのか、動画で分かりやすく解説しています。まずは動画をご覧ください。

 

初めての地下足袋ならエアージョグ

初めてお祭りに参加した人に、一番つらかったことを聞いてみると、多くの人がこう答えます。

足が痛かった・・・

初めての地下足袋選び

 

スニーカーなどの普段履き慣れている靴と違って、地下足袋は親指のところが2つに分かれていたり、足首部分に金具が付いていたりと、特殊な形をしています。そのため、初めて地下足袋を履くと、履き慣れていないということもあって、すぐに足が痛くなってしまいます。開催期間が長いお祭りですと、2日目には足がパンパンになってしまうこともよくあります。

そんなお祭り初心者さんのお悩みを解決してくれる地下足袋を紹介します。

それが地下足袋メーカーの丸五から発売されているエアージョグです。初めてお祭りに参加するならこれ一択です。

初めての地下足袋選び

 

エアージョグを初心者におすすめする理由

お祭り初心者さんにはエアージョグ地下足袋を一番おすすめします。

その理由を一言でいうと、スニーカーに履き心地が近いことがあげられます。

エアージョグの底を見てください。下の写真のように透明になっている部分があります。

初めての地下足袋選び

 

この透明な部分は何かといいますと、エアージョグの足袋底に入っているエアークッションなんです。厚いエアークッションが足袋底全体に入っているので、履き心地がフカフカです。

普段履きなれているスニーカーと同じ感覚で履けるので、お祭りで長時間歩いたり、走ったりしても足が痛くなりにくいです。

足が痛いというだけで、お祭りの楽しさが半減してしまいます。なので、お祭り初心者さんには足が痛くなりにくいエアージョグがおすすめです。

 

エアージョグの豊富なバリエーション

エアージョグ地下足袋にはいろいろなバリエーションが用意されています。参加するお祭りに合わせて、エアージョグの種類を選ぶことができます。

 

エアージョグの色

まず色ですが、白色、黒色、紺色(藍色)の3色のバリエーションがあります。腹掛や股引の色に合わせてエアージョグ地下足袋の色を選ぶことができます。

初めての地下足袋選び

白色

初めての地下足袋選び

黒色

初めての地下足袋選び

紺色(藍色)

 

 

エアージョグの丈の長さ

参加するお祭りによって、丈が短いタイプの地下足袋と丈が長いタイプの地下足袋に分かれます。

初めての地下足袋選び

丈が短いタイプの地下足袋

初めての地下足袋選び

丈が長いタイプの地下足袋

 

エアージョグはお祭りに合わせて地下足袋が選べるように、丈の短いタイプ(6枚こはぜ)と丈の長いタイプ(12枚こはぜ)の両方を取り揃えています。

初めての地下足袋選び

6枚こはぜ

初めての地下足袋選び

12枚こはぜ

 

エアージョグの丈の長いタイプは白色と黒色の2色展開になります。

 

 

エアージョグの足首の留め具

地下足袋は足首部分をこはぜと呼ばれる金具で固定します。お祭り初心者さんですと、こはぜを留めるのが意外と難しいです。

初めての地下足袋選び

こはぜタイプ

 

そこで、エアージョグはこはぜタイプの他にマジックテープタイプも用意されています。

初めての地下足袋選び

マジックテープタイプ

 

マジックテープタイプなら足首部分を簡単に留めたり、外したりすることができるので、初めて地下足袋を履く人でも簡単に脱ぎ履きできます。

もちろんエアージョグはこはぜタイプとマジックテープタイプの両方を取り揃えています。マジックテープタイプのエアージョグは白色と黒色の2色展開です。

 

 

エアージョグの子供用サイズ

エアージョグ地下足袋には子供用サイズもあります。

初めての地下足袋選び

 

子供はお祭りではかなり動き回ります。そして、足がちょっとでも痛くなるとすぐに愚図り出してしまいます。せっかくお祭りを楽しんでいるのに、子供が家に帰りたいと言い出すと困ってしまいますよね。

初めての地下足袋選び

 

ですので、子供にこそエアージョグをおすすめします。

エアージョグは足が痛くなりにくいですし、普段履いているスニーカーと履き心地がほぼ同じなので、子供も快適にお祭りを過ごすことができます。

ちなみに、子供用のエアージョグはマジックテープタイプのみになります。こはぜタイプですと、子供に地下足袋をいちいち履かせてあげないといけないのですが、マジックテープタイプなら自分で脱ぎ履きができます。

子供用サイズのエアージョグは白色、黒色、紺色の3色展開となっています。

 

 

何でもいいなら安い地下足袋

初めてのお祭りに参加する人に絶対履いて欲しいエアージョグ地下足袋ですが、デメリットもあります。

それは、価格がちょっと高いことです。

種類にもよりますが、だいたい4,000円台~5,000円台くらいします。エアージョグは機能性が抜群なので価格以上の魅力があります。

しかし、自治会の持ち回りでたまたま役員になってしまったから今年だけちょっとお祭りに参加するという人もいます。そのような人は、一日しか地下足袋を履かないので、そこまで高価な地下足袋は必要ないと思っているのではないでしょうか。

初めての地下足袋選び

 

そんな人におすすめなのが、価格が安い地下足袋です。

初めての地下足袋選び

 

エアージョグ地下足袋と違って、足袋底のクッション性は高くないのですが、2,000円台で購入できます。とにかく安価な地下足袋でいいよという人におすすめです。使い捨て感覚で使ってください。

安い地下足袋にも丈の短いタイプと丈の長いタイプがあるので、参加するお祭りに合わせて選んでください。

初めての地下足袋選び

丈が短いタイプ

初めての地下足袋選び

丈が長いタイプ

 

 

地下足袋には靴下が必要

お祭りで地下足袋を履くときは必ず足袋用の靴下を履くようにしてください。親指が分かれている靴下でしたら何でも大丈夫です。

地下足袋 靴下 ソックス

 

お祭りで地下足袋を履いていると、地下足袋の中が蒸れ蒸れになってしまいます。靴下を履くことで、足の蒸れを軽減することができます。また、足が地下足袋にこすれてすり傷になってしまうことがあるので、快適に地下足袋を履くためにも靴下をおすすめします。

地下足袋を履くときの靴下については別の記事で詳しく解説しています。靴下を履いた場合と履いていない場合の地下足袋の快適さの比較もしていますので、ぜひ関連記事をご覧ください。

地下足袋 靴下 ソックス

地下足袋を履く時に靴下ソックスは履いた方がいいの?

2021年4月8日

 

 

お祭り地下足袋が買えるお店

店舗で購入

初めてのお祭りに最適な地下足袋は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。試着をすることができるので、自分の足に合った、ぴったりのサイズの地下足袋を選ぶことができます。地下足袋選びに迷ったら、祭すみたやのスタッフがアドバイスさせていただきます。

祭すみたや 助信駅前店

 

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話 053-489-3398
メール info@sumitaya.co.jp

 

 

ネットショップで購入

お祭り用の地下足袋は祭すみたやのネットショップでも購入することができます。お店に行くことができない人でも、パソコンやスマホから簡単に地下足袋を注文することができます。日本全国はもちろん、世界中に地下足袋を配送できますので、ぜひ祭すみたやのネットショップをご利用ください。

祭すみたや ネット通販

 

 


レンタル祭り衣装はじめました

お祭り衣装って年に1回しか使わないから購入するのはもったいない。特に子供はすぐに大きくなってすぐにサイズが合わなくなってしまいます。そこで、レンタル祭り衣装をはじめました。5泊6日からお得な価格でレンタルできます。ご利用後は洗濯する必要はありませんので気軽にレンタルできます。


ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。