法被・手ぬぐいの染め方の種類

本染め法被

ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。ユーチューバー事務所FunMake所属クリエイター。

 

初心者さん
オリジナルの手ぬぐいを作ろうとしたところ、「反応染めと注染どちらがいいですか?」とお店の人に聞かれました。染め方にはどのような違いがあるんですか?
おしんちゃん
法被や手ぬぐいを染める時の染色技法にはいろいろな種類があります。どのような染め方なのか説明しますね。

 

お祭りで使用する法被や手ぬぐいは日本の伝統的な染色技法で生地を染めて制作します。白い生地にオリジナルのデザインを染めるのですが、染色技法にはいろいろな種類があります。

法被・手ぬぐいの染色技法の種類

 

法被や手ぬぐいを作る時の主な染色技法には次のような染め方があります。

  • 反応捺染
  • 注染
  • 抜染
  • 藍染め
  • インクジェット染め

 

この記事では、それぞれの染色技法がどのような作業工程で制作されるのか初心者向けに分かりやすく解説しています。

 

反応捺染

反応捺染とは

反応捺染(はんのうなせん)とは、白い生地に型(かた)を当てて、ヘラで染料を生地に押し当てて染める技法です。反応染め(はんのうぞめ)や捺染(なせん)とも呼ばれます。

色数が少なく、細かいデザインの法被や手ぬぐいに向いている染め方です。

反応捺染

反応捺染で法被を制作した例

 

反応捺染の作業工程

反応捺染の技法で生地を染める時の作業工程を解説します。

 

【1】型を作る

法被や手ぬぐいのデザインに従って型を作ります。染めたい部分(色を付けたい部分)をくり抜きます。

反応捺染の制作過程

 

【2】染める

白い生地の上に型を置きます。型の上から染料を流し、ヘラで染料を生地に押し当てていきます。

反応捺染の制作過程

 

【3】蒸す

染料が乾いたら、染料を生地に定着させるために蒸し器で蒸します。

反応捺染の制作過程

 

【4】洗う

生地が蒸し終わったら、余分な染料を洗い流します。

反応捺染の制作過程

 

【5】乾かす

生地を天日干しで乾かします。

反応捺染の制作過程

 

【6】完成

生地が乾いたら、完成です。

反応捺染の制作過程

 

注染

注染とは

注染(ちゅうせん)とは、白い生地に糊(のり)を塗ったあと、生地に染料を注いで染める技法です。糊を塗った部分が染まらずに白く残ります。生地の裏までしっかりと染料が通るので、表と裏で色の濃さに違いがありません。

注染

注染で手ぬぐいを制作した例

 

細かいデザインには不向きですが、風合いがよく、生地も柔らかくなるので、手ぬぐいや鯉口シャツに向いている染め方です。ただし、染色の工程上、どうしても色ムラや染ムラがあります。このムラに職人さんの手作業の人間味が出ているので、注染の風合いが好きという人も多いです。

お祭りで町会や神輿会などから配られる手ぬぐいは注染で染めているものが多いです。

手ぬぐい大紋柄

注染の町会手ぬぐいの例

 

注染の作業工程

注染の技法で生地を染める時の作業工程を解説します。

 

【1】型を作る

手ぬぐいのデザインに従って型を作ります。染めたくない部分(色を付けない部分)をくり抜きます。

注染の制作過程

 

【2】糊付け

白い生地の上に型を置きます。型の上から糊(のり)を流し、ヘラを使って染めたくない部分に糊を付けます。

注染の作業工程

 

【3】生地を重ねる

注染は生地を反物単位でいっきに染めます。そのために生地を重ねます。

注染の作業工程

 

【4】糊付け

再び型を生地の上に置き、糊を付けます。3と4の工程を何度も繰り返します。

注染の作業工程

 

【5】染める

生地を重ねて、糊を付ける工程を繰り返したら、染料を生地の上から注ぎ込みます。染料を下から吸い出すことで、一番下の生地まで染料が通るようにします。

注染の作業工程

 

【6】洗う

糊と余分な染料を水で洗い流します。何度も洗うので、生地が柔らかくなります。

注染の作業工程

 

【7】乾かす

生地を天日干しで乾かします。

注染の作業工程

 

【8】完成

生地が乾いたら完成です。

注染の作業工程

 

抜染

抜染とは

抜染(ばっせん)とは、色がすでに入っている生地に色を抜く特殊な薬品を塗り、その部分を白くする技法です。一般的に染色というと、白い生地に色を付けて柄や家紋などのデザインを染めることを想像するかと思いますが、抜染は逆になります。黒や赤などの単色の生地を脱色することで、柄や家紋などのデザインを出します。

単色の法被や手ぬぐいの一部に白色でデザインを入れたい場合におすすめの染め方です。

抜染で法被を制作した例

抜染で法被を制作した例

 

抜染の作業工程

抜染の技法で生地を染める時の作業工程を解説します。

 

【1】型を作る

法被や手ぬぐいのデザインに従って型を作ります。色を抜きたい部分(白色にしたい部分)をくり抜きます。

抜染の作業工程

 

【2】抜染糊付け

すでに色が入っている生地の上に型を置きます。型の上から抜染糊(ばっせんのり)を流し、ヘラを使って色を抜きたい部分に抜染糊を付けます。

抜染の作業工程

 

【3】抜染糊を乾かす

抜染糊を乾かします。

抜染の作業工程

 

【4】蒸す

抜染糊が乾いたら、蒸し器で生地を蒸します。

抜染の作業工程

 

【5】洗う

生地を蒸したら、色止め剤の中に付け、水で抜染糊を洗い流します。

抜染の作業工程

 

【6】乾かす

生地を天日干しで乾かします。

抜染の作業工程

 

【7】完成

生地を天日干しで乾かします。

抜染の作業工程

 

藍染め

藍染めとは

藍染め(あいぞめ)とは、白色の生地に藍(あい)という植物由来の染料を使って染める技法です。長年使用しているうちに色がだんだん落ちていき、藍本来の独特な風合いになります。何年もかけて法被を育てていく楽しみがある染め方です。

藍染で法被を制作した例

藍染で法被を制作した例

 

近年は藍染めの法被が作れる職人さんが減ってきているため、価格が高いですが、藍独特の風合いを好むファンが多い染め方です。

藍染め

藍染法被の着用例

 

藍染めの作業工程

藍染めの技法で生地を染める時の作業工程を解説します。

 

【1】型を作る

法被のデザインに従って型を作ります。染めたくない部分(色を付けない部分)をくり抜きます。

藍染めの作業工程

 

【2】糊付け

白色の生地の上に型を置きます。型の上から糊(のり)を流し、ヘラを使って染めたくない部分に糊を付けます。

藍染めの作業工程

 

【3】染料に漬け込む

藍の染料の中に生地を漬け込みます。

藍染めの作業工程

 

【4】洗う

藍の染料を生地に染み込ませたら、水で洗います。水に付け、空気に触れさせることで、藍独特の色になります。

藍染めの作業工程

 

【5】乾かす

水洗いをしたら生地を天日干しで乾かします。

藍染めの作業工程

 

【6】完成

生地が乾いたら完成です。

藍染めの作業工程

 

インクジェット染色

インクジェット染色とは

インクジェット染色とは、白色の生地に、生地専用のインクジェットプリンターで染料を吹き付けて染める技法です。フルカラーで染めることができます。どんなに細かいデザインでも染めることができるため、複雑なデザインの法被や鯉口シャツに最適な染め方です。極論を言いますと、絵や写真もフルカラーで生地に染めることができます。

インクジェットで鯉口シャツを制作した例

インクジェットで鯉口シャツを制作した例

 

また、法被や鯉口シャツ、手ぬぐいを1枚から制作可能なため、小ロットでの注文にも対応できます。

近年、職人さんが高齢化により減ってきており、どんどん染色工場が廃業しています。そのため、職人さんの勘と経験に頼らないインクジェット染色がお祭り業界でも主流になりつつあります。インクジェット染色で染めた生地を見てみても、他の技法で染めた生地との違いが分からないくらい技術が進んでいます。

ただし、注染などと違い、生地の裏まで染料が通らないので、生地の裏は白色になります。どうしても、裏まで染料を通したいという場合は、裏もインクジェット染色で生地を染めてしまうという方法もあります。

インクジェット染色の作業風景

インクジェット染色の作業風景

 

インクジェット染色の作業工程

インクジェット染色の技法で生地を染める時の作業工程を解説します。

 

【1】デザインデータを作る

インクジェット染色に型はありません。法被や鯉口シャツのデザインデータをパソコンで制作します。

インクジェット染色の作業工程

 

【2】染める

生地専用のインクジェットプリンターで白色の生地に染料を吹き付けます。フルカラーで生地を染めることができます。

インクジェット染色の作業工程

 

【3】乾かす

高温のボイラーで染料を乾かします。

インクジェット染色の作業工程

 

【4】完成

生地が乾いたら、完成です。

インクジェット染色の作業工程

 

インクジェット染色は洗濯できるの?

インクジェット染色と聞くと、紙に印刷する家庭用のインクジェットプリンターを連想してしまうため、「水に濡れたら色落ちするのでは?」と心配される方が多くいます。でも、っご安心ください。生地用のインクジェットプリンターは簡単には色落ちしません!

巻き帯は洗濯機で洗うことができる

 

インクジェット染色は、染める工程はインクジェットプリンターという最新の機械を使いますが、使用している染料は本染めと同じものです。職人さんが手で染める時に使用している染料と同じものを使用しているので、色落ち具合は本染めのお祭り用品と同じぐらいです。

水に濡れただけで、柄がにじんでしまう!なんてことはありませんのでご安心ください。

ただし、顔料の染料を使用しているため、漂白剤を使って洗濯すると、色がはげてしまいます。インクジェット染色のお祭り用品を洗う時は、絶対に漂白剤は使用しないようにしてください。

 

 

まとめ

法被・手ぬぐいの染色技法の種類

 

染色技法の違いによる染め方の工程の違いが分かりましたでしょうか?

ぶっちゃけたことを言いますと、注文の際にお客様が染色技法を気にすることはほとんどありません。お客様が希望する法被や手ぬぐいの内容をお祭り用品店にご相談いただければ、デザインや枚数に合わせて、最適な染め方をご提案しますのでご安心ください。

ただ、どのような作業工程で制作されたものかを知ると、よりお祭り用品に愛着が持てると思います。お友達や知り合いに、自分の町会や神輿会の法被や手ぬぐいを自慢できたりもします。

ぜひこの記事を参考にして、法被や手ぬぐいの理解を深めていただければと思います。

 

法被・手ぬぐいが注文できるお店

オリジナルデザインの法被や手ぬぐいはお祭り用品専門店の祭すみたやで注文することができます。どのようなデザインがご希望なのかご相談いただければ、最適な染色技法をご案内させていただきます。メールや電話でもご相談を受け付けておりませんので、お気軽にご連絡ください。

祭すみたや 助信駅前店

 

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話:053-489-3398

※ 遠州鉄道 助信駅から徒歩1分
※ 大駐車場完備

 

 

オリジナルデザインの法被や手ぬぐい、鯉口シャツのご相談は下記のフォームからも受け付けております。


法被のご相談手ぬぐいのご相談鯉口シャツのご相談その他

 

関連する記事

オリジナルデザインの法被や手ぬぐいなどのお祭り用品に関する記事は他にもあります。ぜひご覧ください。

手ぬぐいのデザインの作り方

手ぬぐいのデザインの作り方

2022年2月27日
オリジナル鯉口シャツの作り方

オリジナル鯉口シャツ・ダボシャツの注文方法

2021年6月2日
オーダーメイド法被・半纏の作り方

オリジナル法被・半纏の作り方

2021年1月15日
法被の生地の一覧表

オリジナル法被の生地の種類

2020年10月5日
江戸小紋 柄一覧

【江戸小紋の一覧】オーダーメイド祭り用品のデザイン集

2019年2月22日
被布コート 注文方法

法被専用コート【被布コート】の種類と注文方法

2018年3月17日

 


レンタル祭り衣装はじめました

祭塾を運営している祭すみたやはSDGsのサスティナブルファッションに取り組んでいます。お祭り衣装って年に1回しか使わないから購入するのはもったいないです。そこで、レンタル祭り衣装をはじめました。5泊6日からお得な価格でレンタルできます。ご利用後は洗濯する必要はありませんので気軽にレンタルできます。


ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。ユーチューバー事務所FunMake所属クリエイター。