お祭りで扇子を正しく扇ぐ方法

扇子の正しい扇ぎ方

 

初心者さん
お祭りで扇子を使っていたら、扇ぎ方が違うと言われてしまいました。どのように扇ぐのが正解ですか?
塾長
お祭りでは扇子を普段使う時とは異なる扇ぎ方をします。粋に扇子を使えるようになるためにアドバイスしますね。

 

お祭りの定番アイテム扇子をお祭りで使用する時の正しい扇ぎ方について解説します。扇子を普段使っているように扇いでいると、見た目がとってもダサいので注意が必要です。お祭りで粋に扇子を扇げるようになるために扇子の使い方について動画と写真で分かりやすく解説していきます。

扇子

 

扇子の使い方を動画で解説

お祭りで扇子を使う時の正しい扇ぎ方について動画で詳しく解説しています。まずは動画をご覧ください。

 

お祭りでの扇子の扇ぎ方

夏の暑い日に扇子を扇いだり、着物を着ている時に扇子を扇ぐ時は、普通に扇子を使ってもらえば大丈夫なのですが、お祭りで扇子を使う時だけは、扇ぎ方に独特のやり方があります。

お祭りで完全に開いた状態で扇子を扇いでいるとかなり格好が悪いです。見た目が野暮でとってもダサいので今すぐやめてください。

扇子の間違った扇ぎ方

間違った扇子の扇ぎ方

 

では、どのように扇子を扇げばいいのかと言いますと、お祭りの時だけはち扇子をちょっとだけ開いた状態で扇ぐようにしてください。これが粋に見える扇ぎ方です。扇子を完全に開くのではなく、扇子を3分の1または4分の1だけ開いた状態で扇ぐのがポイントです。

扇子の正しい扇ぎ方

扇子の正しい扇ぎ方

 

粋な祭り衣装着こなしテクニック

粋なお祭り衣装の着こなし上級テクニック

2018年3月27日

 

扇子を使わない時は扇子を畳んで帯にさしておくのが粋な持ち運び方です。扇子を直接帯にさしてもいいですが、お祭り専用の扇子入れに入れて持ち運ぶのもおすすめです。

扇子を直接帯にさす

 

扇子の粋な持ち運び方については別の記事で詳しく解説していますのでぜひご覧くださいね。

扇子

扇子の粋な持ち運び方

2020年1月30日

 

補足事項

このページでご紹介しているのはお祭りで粋に扇子を扇ぐ方法です。お神輿の上に乗って担ぎ手の皆さんを鼓舞したり、よさこい踊りで扇子を使ったりする時は、扇子をしっかり開く方がいいです。またお祭りによっても扇子の扇ぎ方が異なる場合がありますので、ご注意ください。

扇子の扇ぎ方

 

扇子を購入する方法

店舗で購入

扇子は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。いろいろなサイズや種類の扇子をご用意しております。見本もありますので、実際に手に取って扇子を選んでくださいね。ぜひご来店ください。

祭すみたや 助信駅前店

祭すみたや 助信駅前店
〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話:053-489-3398

 

ネット通販で購入

お祭りで使用する扇子は祭すみたやのネットショップでも購入することができます。日本全国はもちろん、世界中に扇子を配送可能です。お店に行くことができない人でも、パソコンやスマホから簡単に扇子を注文することができます。ぜひご利用ください。

祭すみたや ネット通販

 

 

 


レンタル祭り衣装はじめました

お祭り衣装って年に1回しか使わないから購入するのはもったいない。特に子供はすぐに大きくなってすぐにサイズが合わなくなってしまいます。そこで、レンタル祭り衣装をはじめました。5泊6日からお得な価格でレンタルできます。ご利用後は洗濯する必要はありませんので気軽にレンタルできます。


ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

本名:中川晋介(なかがわしんすけ)
株式会社祭すみたや代表取締役
お祭り用品アドバイザー

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長です。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、2010年からはじめたYouTubeチャンネルの「祭すみたやチャンネル」を通じてお祭り初心者の人たちにお祭り用品に関するノウハウ動画を提供しています。

2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。自らも一年中、全国のお祭りに参加する根っからの祭り好きです。最近では海外で開催されるお祭りにも参加。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。