箱紐血止めの正しい結び方

箱紐 血止め 結び方

 

初心者さん
お祭り衣装でヒザの下あたりにひもを結んでいる人をみかけました。あれは何ですか?
おしんちゃん
ヒザの下に結んでいるひもを血止めと言います。いろいろな種類のひもがあるのですが、この記事では箱紐を使った血止めのやり方を解説しますね。

 

江戸時代の飛脚や籠屋は毎日長距離を走って移動していました。そんな人たちが脚のうっ血防止のために、草鞋(わらじ)の端切れをひざの下に結びつけたことが始まりと言われているのが血止めです。

血止めとは

血止めって何!?血止めの歴史と使い方をご紹介

2018年10月31日

現在ではお祭りのファッションアイテムとして血止めは使われています。箱紐や藁(わら)、ちりめんひもなど様々な種類があります。

箱紐血止めの付け方

この記事では血止めの中でも最も一般的な箱紐を使った血止めのやり方について解説します。

 

箱紐血止めを動画で紹介

箱紐タイプの血止めの結び方を動画にしました。ぜひ参考にしてみてください。

 

箱紐血止めの結び方

【1】まず箱紐を用意します。約60cmの長さの箱紐を2本(両脚分)用意してください。

箱紐 血止め
箱紐の購入方法

血止めに最適な箱紐は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。ネット通販もありますので日本全国に血止め用の箱紐を配送しています。切り売りしていますので必要な量だけ購入可能です。大人数向けにお得な反物販売もしていますのでぜひご利用ください。

祭すみたや 助信駅前店

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話:053-489-3398
営業時間:朝10時~夜7時

 

【2】脚のひざの下に箱紐をくるっと一周巻いてください。

箱紐 血止め 結び方

 

【3】一回結んでください。

箱紐 血止め 結び方

 

【4】喋々結びしてください。コマ結びしても大丈夫です。コマ結びする場合は結び目が平らになるように結んでくださいね。

箱紐 血止め 結び方

 

【5】もう片方の脚にも箱紐血止めを結び付けて完成です。脚が細い人は紐が余ってしまうと思います。その時はハサミで余分な部分を切ってもらえば大丈夫です。

箱紐 血止め 結び方

 

箱紐血止めの購入方法

血止めは祭り用品専門店の祭すみたやで販売しています。ネット通販もありますので、日本全国に血止めを配送可能です。藁血止めや、その他の人気の血止めを紹介します。

箱紐血止め

箱紐や真田紐を使った血止めです。血止めの定番の素材です。帯や法被の色に合わせるのがポイントです。

箱紐血止め

 

藁血止め

血止めの元祖といえば「藁血止め」です。一日でボロボロになってしまうので使い捨てにはなってしまいますが、見た目が一番粋です。

藁血止め

 

手より血止め

祭すみたやの職人さんが1本ずつ手作りしている手より血止めです。たくさんの色を取り揃えているので、法被の色や帯の色に合わせて使えば、お祭りコーデ上級者の仲間入りです。

手より血止め

 

ちりめん鈴血止め

和柄のちりめん紐に小さな鈴が付けてある血止めです。歩くたびにチリチリ鳴って、とってもカワイイ血止めです。女の子にオススメの血止めです。

ちりめん鈴血止め

 

関連する記事

ちりめん鈴血止めの使い方

ちりめん鈴血止め(ちどめ)の付け方と開発秘話

2019年2月18日
手より血止めの結び方

手より血止めの正しい結び方とコーディネート方法

2019年2月13日
血止めとは

血止めって何!?血止めの歴史と使い方をご紹介

2018年10月31日
藁血止め 結び方

藁(ワラ)血止めの使い方

2018年9月26日

 

箱紐 血止め 結び方

ABOUTこの記事をかいた人

おじょー

祭り用品専門店「祭すみたや」のホームページ制作担当のおじょーです。お祭り女子のために女性目線でお祭り用品の選び方や使い方をアドバイスしています。趣味はイラスト制作です。祭塾のイラストは私が描いています。インスタグラムでお祭りコーデの写真も紹介しています。