法被は色落ちしても大丈夫!!洗濯で色落ちを気にする必要がない理由

法被は色落ちしても大丈夫

ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。

 

初心者さん
法被を新しく購入したのですが、洗濯で色落ちするのが心配です。法被を色落ちさせない方法はありますか?
おしんちゃん
実は法被は色落ちしていた方が粋なんです。なので、法被の色落ちを気にする必要はありません。なぜ法被は色落ちしていた方がいいのか解説しますね。

 

お祭りに参加する時に着る定番のアイテムと言えば、法被です。法被の読み方は「はっぴ」です。

お揃いの印半纏を着てお祭りに参加

 

町会や神輿会などの団体の人たちが着ているおそろいのデザインの法被のことを、専門用語で印半纏と呼びます。印半纏の読み方は「しるしばんてん」です。印半纏のえりには町名や団体の名前などが入っています。そして、印半纏の背中には大紋(だいもん)と呼ばれる、会のマークが入っています。

印半纏
印半纏

 

新しく購入した印半纏を洗濯する時に、色落ちを気にする人がたくさんいます。新品の法被を色落ちさせたくないけど、どうしたらいいですか?という質問もよくいただきます。

どうやってお祭り用品を洗濯するの?

 

そこでこの記事では、法被の色落ちに対する考え方について解説させていただきます。どうすれば、粋に法被を着こなすことができるのか説明しますね。

 

法被の色落ちについて動画で解説

法被の色落ちに対する考え方を動画で説明しています。まずは動画をご覧ください。

 

法被の色落ちは気にしなくていいの?

新品の法被を洗濯する時に、「なるべく色落ちさせたくない!」って思っている人も多いと思いますが、実は法被は色落ちしていた方が格好いいです。

なので、法被の色落ちを気にする必要は全くありません!

実際、お祭り好きの人の中には新品の法被を着ることを嫌がる人もいるくらいです。

法被は色落ちしても大丈夫

 

法被は色落ちして年季が入っている方が、長年お祭りに人生をかけてきた証になります。長年お祭りに参加している人は、色落ちして、使いこなされた生地の法被を着ることに誇りを持っています。

毎年お祭りに参加して、法被を着て、洗って・・・を何十年も繰り返すことで、ちょっとずつ色落ちさせて、法被の風合いの変化を楽しんでいってください。

デニムジーンズや革ジャンなどを着古していくのが格好いいという感覚に法被は似ているかもしれません。是非、長年お祭りに参加することで、法被を育てていってください。

法被を育てることはデニムに似ている

 

早く色落ちした法被にしたいからといって、新品の法被を何回も繰り返し洗うのはやめてください。法被の生地がボロボロになってしまいます。

法被は急激に色落ちさせるものではありません。何度も洗濯したり、漂白剤を使うなど間違った洗濯をしてしまうと、法被全体が白っぽく色が剥げたような状態になってしまいます。これは正しい色落ちではありませんのでご注意ください。

法被の正しい洗い方については別の記事で詳しく解説しています。洗濯方法について知りたい人は関連記事をご覧ください。なお、本染め法被と藍染め法被は洗い方が全く異なりますので、お手持ちの法被がどんな染め方なのか確認したうえで、洗濯してくださいね。

本染め法被の洗い方

本染め法被の正しい洗い方

2022年4月18日
藍染法被の洗い方

藍染の法被・半纏の正しい洗い方

2018年3月21日

 

法被が注文できるお店

お祭りに参加する時に着る印半纏は祭り用品専門店の祭すみたやでオーダーすることができます。町会や神輿会などの団体向けにオリジナルデザインの印半纏を1枚から制作しています。新たに法被を作りたいと検討中の方は、ぜひ祭すみたやにご相談ください。

祭すみたや 助信駅前店

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話 053-489-3398
メール info@sumitaya.co.jp

 

 

オリジナルデザインの法被の注文方法については別の記事で詳しく解説しています。法被の制作の流れについても説明していますので、ぜひ関連記事をご覧ください。

オーダーメイド法被・半纏の作り方

オリジナル法被・半纏の作り方

2021年1月15日

 


レンタル祭り衣装はじめました

お祭り衣装って年に1回しか使わないから購入するのはもったいない。特に子供はすぐに大きくなってすぐにサイズが合わなくなってしまいます。そこで、レンタル祭り衣装をはじめました。5泊6日からお得な価格でレンタルできます。ご利用後は洗濯する必要はありませんので気軽にレンタルできます。


ABOUTこの記事をかいた人

中川 晋介

1947年創業の祭り用品専門店「祭すみたや」の3代目社長のおしんちゃんこと中川晋介です。お祭り用品の製造と販売をしています。一年中、日本全国のお祭りに参加する祭り好きです。実際にお祭りに参加して体験したお祭りノウハウを執筆しています。2015年一般社団法人イーコマース事業協会主催の第8回全国ネットショップグランプリでブランディング部門賞を受賞。