【お祭り衣装】巻き帯の締め方

 

初心者さん
角帯から気分を変えて巻き帯を購入してみました。巻き方を教えてください。
おしんちゃん
巻き帯の締め方は角帯よりも簡単ですよ。ぜひチャレンジしてみてください。

 

お祭りで使用する帯には角帯、博多帯、真田帯などいろいろな種類があります。そんな帯の中で、締めるのが簡単なことから人気急上昇中なのが巻き帯(まきおび)です。今年のお祭りでは巻き帯にチェレンジしてみてはいかがでしょうか?この記事では巻帯の締め方を動画と写真で解説しています。

巻帯

 

巻き帯の締め方を動画で解説

巻き帯の締め方を動画で紹介しています。動画では激しく動いても巻き帯がほどけにくい、しっかりと締められる方法について解説しています。ぜひご覧ください。

 

巻き帯の簡単な締め方

続いて写真では簡単に巻き帯を締める方法を解説します。初心者の人はこの巻き帯の締め方をまずマスターしてくださいね。巻き帯の締め方のポイントは前は細く、後ろは太くです!!

手より血止めコーディネート

【1】あらかじめ巻き帯を二つ折りにして帯の端から巻いておいてください。巻き帯を体に巻く時に巻きやすくなります。

巻帯

巻き帯の補足事項

巻き帯を二つ折りにする必要があるのは、幅が30cmくらいの反物巻き帯(たんものまきおび)を使用する場合です。巻き帯によっては幅が15cmくらいの細いタイプもあります。細いタイプのことを一重巻き帯(ひとえまきおび)と言います。一重巻き帯の場合はあらかじめ二つ折りにする必要がありません。

 

【2】帯の先端を30cmほど残し、お尻から腰にかけての位置を包むように巻きつけいきます。

巻帯

 

【3】一周巻くたびにお腹のおへその位置で巻き帯をクルっとひっくり返して巻いていってください。

巻帯

 

【4】帯を何周か巻いていってたら、最後に巻き帯が余ります。余った端の部分を帯の下から通して上に出してください。

巻帯

 

【5】両端をこま結びしてください。

巻帯

 

【6】巻き帯の両端の余った部分を帯の内側に挟み込んでください。最後に形を整えてできあがりです。

巻帯

 

巻き帯の購入方法

店舗で購入

お祭りで使用する巻き帯は祭り用品専門店の祭すみたやで購入することができます。たくさんの種類の巻き帯をご用意していますので、お祭り衣装のコーディネートに合わせて選んでくださいね。サイズも子供用から大人用まで幅広く取り揃えています。

祭すみたや 助信駅前店

祭すみたや 助信駅前店

〒430-0911 静岡県浜松市中区新津町14-1
電話:053-489-3398
営業時間:朝10時〜夜7時
※ 遠州鉄道 助信駅から徒歩1分
※ 大駐車場完備

 

ネット通販で購入

巻き帯は祭すみたやのネット通販でも購入することができます。日本全国に巻き帯を配送可能です。即日出荷が可能な巻き帯もありますので、急にお祭りに参加することになっても対応可能です。ぜひご利用ください。

巻き帯 ネット通販

 

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。