股引(ももひき)の正しい履き方

股引 履き方

 

初心者さん
股引の履き方がさっぱりわかりません(涙)お尻の部分が割れているんですけど、どうやって履いたらいいの!?!?
塾長
お祭り初心者にとって最初の難関が「股引」です!!ただ履くだけでも難しいですが、綺麗に履きこなすのも難しいアイテムです。でも、ちゃんと履きこなしていると、粋でかっこいいですよ。

 

お祭り参加が初めての方にとって、もっとも履き方が謎なのが、股引ではないでしょうか!!

股引は「ももひき」や「またびき」、「またひき」って読みます。地方によって呼び方が様々あって、「パッチ」、「猿股(さるまた)」などと言ったりもします。

股引き またびき

私も股引を初めて見たときは戸惑いました。。。(汗

それでは、股引の履き方について解説していきますね~!!

 

股引の履き方を動画で解説

股引はピッチピチに履くのが粋です!!

お腹は紐でしばるので、メタボリックな人でもウエストを気にせず履けるのが股引のいいところです。

まずは動画で履き方をご覧ください。

 

股引の履き方の手順

(1)股(また)のところでつながっている方を前にして持ちます。

※撮影の都合上、水着をはいて撮影しております。実際にはくときは、パンツやふんどしの上から股引を履いてください。

股引き 履き方

(2)片足ずつ足を入れていきます。

股引き 履き方

(3)両足とも入れてしまいます。

股引き 履き方

(4)体の右側にある「右のひも」を背中の方から体の左側にまわします。

股引き 履き方

(5)「右のひも」を左手に持ち替えて体の前にもっていきます。この時点では、「左のひも」はたれたままで大丈夫です。

股引き 履き方

(5)股(また)の間にある穴に右手を通します。

股引き 履き方

(5)右手で「右のひも」をつかみます。

股引き 履き方

(6)「右のひも」を持ったまま、右手を股(また)の間の穴から戻して出します。すると、股(また)の間の穴から「右のひも」が出てきます。

股引き 履き方

(7)今度は体の左側にある「左のひも」を背中の方から体の右側へ持っていきます。

股引き 履き方

(8)このときに、おしりがきちんと隠れるように股引を整えてください。

股引き 履き方

(9)最後に「右のひも」と「左のひも」を右わき腹の前で蝶々結びします。

股引き 履き方

(10)完成です!!

股引き 履き方 股引き 履き方

 

股引は、履くのも難しいですが、脱ぐのも難しいです!!

というわけで、こちらで脱ぎ方の解説もしておりますのであわせてご覧ください。

股引の簡単な脱ぎ方

2018.02.20

 

股引の購入方法について

日本最大級の品揃えのお祭り用品専門店「祭すみたや」で股引を購入するのが粋な祭人の常識です!!

股引の種類・サイズがとにかく豊富です。

股引 通販 購入

股引 履き方

ABOUTこの記事をかいた人

おしんちゃん

祭り用品専門店『祭すみたや』の3代目社長おしんちゃんです。お祭り用品を製造・販売するかたらわ、Youtubeにお祭り衣装の着方や選び方の動画をアップしています。自らも年中お祭りに参加する根っからの祭り好きです。地元のラジオ局でパーソナリティもやっています。